クラミジア感染の検査は病院ですべき?保健所や自宅でもできるの?

1.クラミジアの検査はどこでできますか?

クラミジアの検査を行える場所はいくつかあり、医療機関を受診しなくても自宅で検査することもできます。

咽頭クラミジアであれば病院の耳鼻咽喉科を受診するか、自宅で検査することができるSTDチェッカーで検査することができます。

性器クラミジアは、病院では男性は泌尿器科か性病科、女性は婦人科か性病科を受診すれば検査してくれます。他にも、地域にある保健所で検査ができる場合もあるので保健所に問い合わせてみて下さい。自宅でも簡単にSTDチェッカーで検査することができます。

2.保健所と病院との検査の違い

クラミジアの検査は自宅でSTDチェッカーを用いてすることもできますが、どこか施設で行ってもらう場合は保健所か病院か選ぶことができます。検査方法は同じなのですが、保健所と病院では異なる点がいくつかあります。
保健所でクラミジア検査を受ける場合、匿名・無料で検査してくれます。しかし、全ての保健所でクラミジア検査ができるわけではないので、事前に保健所に確認が必要です。また、クラミジア検査をしている日時が決められているので、いつでも検査できるわけではありません。
病院でクラミジア検査を受ける場合は、診察時間内であればいつでも受診することができますが、診察費用がかかってしまいます。クラミジアの症状が出ている場合は、保険の適応となり3,000円程度ですみますが、症状がなく検査だけとなると保険が適応されず全額負担になってしまいます。

3.検査の内容は?痛いですか?

クラミジア感染症の検査は、血液・尿・おりもの・のどの粘膜を採取して行います。どの検査もそれほど苦痛は伴いません。
血液検査はクラミジアだけでなく、他の性感染症の検査も同時にできるので最も実施される検査方法です。
他にも、クラミジアが感染を起こしている場所で検査方法は異なります。男性は尿道に感染するので尿検査を行い、女性は膣に感染するのでおりものを採取して検査します。また、咽頭クラミジアはのどの粘膜を採取して検査します。
おりものとのどの粘膜の採取はどちらも綿棒のようなもので軽くこするだけなので、痛みは伴いません。
STDチェッカーも検査方法は同様ですが、咽頭クラミジアの場合うがいして確認する検査方法があります。

4.病院では何科にいけばよいですか?

性器クラミジアの検査は男性は泌尿器科、女性は産婦人科で診察してもらいます。咽頭クラミジアは耳鼻咽喉科を受診し、検査してもらいます。

大きな病院などでは、性病科や総合窓口もあるので、そこを受診しても検査してもらうができます。

身体に何かしらの症状が出ていて、どこを受診していいかわからない場合は、内科や皮膚科でも自分の症状を言うとクラミジア検査をしてくれるので、自分の気になる症状や症状が出始めた時期など詳しく医師に伝えるようにして下さい。

クラミジアに感染している疑いがある場合や感染していると診断を受けた場合、パートナーにも感染している可能性があるので、自分1人で治療するだけでなく、パートナーと一緒に治療をするようにしましょう。

5.費用はどれくらいかかりますか?

クラミジア感染症の検査をどこで受けるかによって検査費用は異なります。
保健所は無料で実施しているので、検査費用は全くかかりません。
病院で検査をしてもらう場合、初めて受診する病院であれば初診料や検査費用、診察代など検査費用の他にも料金がかかります。検査費用は大体2000~4000円程度ですが、病院によっても多少異なります。
また、病院で検査する場合、保険適応になるかどうかでも大きく検査費用は異なります。クラミジアの症状が出ていて検査するのであれば、保険が適応され3割負担になりますが、症状がなく感染しているかどうか確認のために検査をするのであれば、保険適応外になり全額負担になってしまいます。
STDチェッカーで検査する場合は、検査キット費用が3000円程度かかります。

6.結果が出るまでにどれくらいかかりますか?

病院で検査を行えば、即日検査結果を聞ける病院から、検査結果が出るまでに1週間程度要する病院もあります。
保健所であれば、検査を受けて1~2週間ほど検査結果が出るまでに時間がかかるところが多いです。
STDチェッカーは、自分が検査キットで採取したものを送り返す時間もかかるので、1週間程度時間を必要とします。
病院や保健所で検査し、検査結果が当日出ない場合は、後日検査結果を聞きにいかなければいけませんが、STDチェッカーを使用した場合はインターネット上で確認することができるので、全て自宅で完結することができます。
クラミジアの検査は長いもので2週間ほど期間を要しますが、検査を受けて検査結果が出るまでの間は性行為をしないように注意してください。

7.自宅で検査できますか?

クラミジアは病院や保健所だけでなく、STDチェッカーを使用すれば自宅にいて自分で検査することができます。
STDチェッカーは3000円~と低コストで、プライバシーもきちんと守られているので、匿名で検査することもできます。また、クラミジアだけでなく、HIVなどの他の性感染症の検査をすることもできます。
STDチェッカーは自分で検査に必要な血液・尿・おりもの・喉の粘液を採取する必要がありますが、自分でできるようにキットにすべて準備されており、簡単にできるように説明書もついているので、苦痛を伴う検査はありません。
また、検査結果もインターネットで確認することができるので、時間をとることなく、気軽に検査することができます。

コメントの入力は終了しました。