妊婦がクラミジアに感染した場合どうすればいいの?胎児への影響は?

1.妊娠中のクラミジアの危険性

クラミジアは感染力が強く、10代~20代の若い世代で感染者が増加してきてます。クラミジアは感染していても不顕性感染と言って症状があらわれないことがほとんどで、感染していると気付くことなく妊娠していることもあります。

男性・女性に関係なくクラミジアに感染すると不妊症の原因になってしまいますが、女性は妊娠中もクラミジアの感染に注意しなければ流産や早産などのリスクを高める可能性があります。

また、クラミジアに感染していて、その症状が重症化してしまっていると、精子の通り道である子宮頚管が細くなったり、閉じてしまうことで、不妊症だけでなく子宮外妊娠のリスクも高まります。

他にも、妊娠中クラミジアに感染していると、分娩時に母子感染する危険もあり、赤ちゃんもクラミジアに感染してしまい、肺炎や結膜炎などを引き起こしてしまうこともあります。

クラミジアは妊娠中にも胎児に影響を与えないジスロマックやクラリスなどの抗生物質を内服して治療することができるので、クラミジアに感染しているからといってネガティブになる必要はなく、早期発見・早期治療を心がけて前向きに治療していきましょう。

2.妊婦検診でわかる

クラミジアは妊娠30週目までに感染に気付き、治療を完了しておくと良いと言われています。クラミジアは症状があらわれないことが多いので、感染していることに気付かないまま妊娠の経過をたどってしまうことも少なくありませんでした。
しかし、現在は母子ともに問題なく分娩できるように事前検査を行っているので、妊娠初期にクラミジアやHIVなどの性感染症に感染していないか検査を実施している産婦人科が多くなってきています。そのため、しっかり検査を受けていれば妊娠後期まで気付かないことは少なくなっています。
また、おりものの変化や下腹部痛など気になる症状があらわれている方や心当たりのある方は、クラミジアに感染している可能性もあるので、産婦人科の医師に相談するようにして下さい。
クラミジアの検査方法は、血液検査か膣内の表皮を綿棒のようなもので採取して検査します。膣内の表皮をこすり取るので少し痛みを伴い、出血することもありますが、一時的なものなので安心して検査を受けることができます。
検査結果は病院によっても異なりますが、1週間程度でわかることが多いです。そこで陽性反応が出るとすぐに治療が開始されます。
注意することは、陽性反応が出れば女性1人ではなく、パートナーの方もクラミジア検査を受けて感染しているかどうか確認する必要があります。妊娠中に内服治療でクラミジアを根治できても、パートナーが感染していれば何度も繰り返し感染してしまう可能性があるので、2人一緒に治療していくようにして下さい。

3.胎児への影響

妊娠中の女性がクラミジアに感染していると、最初にクラジミアの原因菌であるクラミジア・トラコマチスが子宮の入り口付近で増殖していきます。その入り口付近で増殖した菌が徐々に体内に侵入していき、胎児が成長していくために欠かせない羊水を包む膜である羊膜にも侵入していきます。
クラミジアの菌が羊膜に侵入してしまうと、陣痛前に破水する前期破水を引き起こしてしまいます。
前期破水してしまうと、胎児はお腹の中で成長できなくなってしまいます。一度破水してしまうと、その後羊水を元に戻す治療方法はないので、取り出すしかありません。胎児の成長が十分でない妊娠初期や中期の赤ちゃんは流産してしまう可能性が高いです。
しかし、前期破水はクラミジアなどの感染症によって妊娠初期に起こりやすいです。そのため、クラミジアの感染を早期に発見し、早期に治療していく必要があります。
また、流産や早産のリスクが高まるだけでなく、お腹の中で順調に成長できても、分娩時に感染してしまう危険もあります。
赤ちゃんはお腹の中で、羊水という滅菌状態の中で成長していますが、破水して産まれてくるまでに、産道であるクラミジアに感染している膣を通ってくることで、眼や鼻・口などからクラミジア・トラコマチスが赤ちゃんの体内に入り込み、クラミジアに感染し、結膜炎や肺炎などを引き起こす可能性があります。

4.流産のリスク

胎児への影響でも説明した通り、クラミジアに感染すると膣の入り口付近で増殖したクラミジアの原因菌であるクラミジア・トラコマチスが徐々に体の内側に入っていき、羊水を包んでいる羊膜や胎児と母親の栄養を交換する絨毛膜にも侵入していきます。

お腹の中で胎児が成長するために必要な羊膜と絨毛膜にクラミジアが侵入すると絨毛膜羊膜炎という炎症を引き起こしてしまいます。

絨毛膜羊膜炎を起こすと、炎症を起こす影響で羊膜や絨毛膜が薄く、破れやすくなってしまうので前期破水が起きる原因となってしまいます。

前期破水は妊娠初期に起こりやすいのですが、一度破水してしまうとその後の治療方法はなく胎児をお腹の中から取り出す方法しかありません。

妊娠34週目でやっと肺の機能が十分に発達できているので、それ以前に産まれると人工呼吸器管理のもと管理していきます。しかし、妊娠初期の胎児は発達が未熟で、お腹の中から出てきても成長していくことが難しいことが多いです。

妊娠を考えている方は事前にクラミジアなどの性感染症の検査をしておいたり、妊娠中でも早い段階で検査をして、クラミジア感染症に対して早めの対策を心がけましょう。こちらの記事も、妊婦のクラミジア感染についてそのリスクと検査方法、予防対策、治療方法などについて詳しく紹介している良記事です。ぜひ、あわせてご覧ください。

コメントの入力は終了しました。