クラミジア治療薬のクラビットってどんな薬?

1.クラビットとは

クラビットは有効成分にレボフロキサシンを含むキューキノロン系の抗生物質です。クラミジアなどの性感染症だけでなく、皮膚・呼吸器・泌尿器・眼科・耳鼻科・歯科など多岐にわたる感染症に有効です。

ニューキノロン系の抗生物質は感染部位への薬の移行率が良く、今まで内服薬では治療することができなかった感染部位にも効果を発揮してくれます。また、副作用症状があらわれる可能性も少なく、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーを持つ方も使用することができます。

抗菌力もとても強いので、以前良く使用されていたタリビットに変わって、現在では国内で最も使用されている抗生物質です。

2.クラビットの適応症

クラビットは幅広い細菌に効果を発揮してくれる抗生物質です。クラミジアやレジオネラ、マイコプラズマ、グラム陽性菌・陰性菌などの細菌に有効とされ、幅広く使用されています。
気管支炎や咽頭炎・扁桃炎・肺炎などの呼吸器感染症、クラミジアなどの性感染症、膀胱炎や尿道炎・腎盂腎炎など泌尿器、他にも皮膚感染症や耳鼻感染症、歯科にまで渡る様々な感染症に有効とされています。

3.クラビットの作用機序

クラビットはニューキノロン系に分類され、抗菌力が強く、どんな感染症にも使用しやすい抗生物質です。
クラビットに含まれるレボフロキサシンは、DNAの複製を妨ぎ、殺菌作用を発揮します。DNAの複製とは、細菌が分裂して増殖することを言います。この細菌の増殖を止めることで、体内の細菌を死滅に導いてくれます。
クラビットによって細菌を死滅するので、感染部位に起こっている腫れや発赤、痛みなどの炎症症状は自然と軽快していきます。
また、レボフロキサシンは他の抗生物質と比較して、感染部位に薬が移行されやすく、より効果を発揮してくれます。今まで内服だけでは抗生物質が行き渡らず治療が困難だった泌尿器系やクラミジアなどの性感染症にも効果を十分に発揮してくれるので、現在では国内で1番使用されている抗生物質です。

4.クラビットの使用方法

クラビットは1日1錠、クラビット500㎎を目安に内服します。感染部位や感染症によって内服する用量や内服期間はそれぞれ異なってきます。
クラミジアの治療時もクラビット500㎎を1日1回、7~14日間継続して内服します。
他にも、肺結核などは、クラビットだけでなく他の結核菌薬と併用しながら治療していきます。また、腸チフスやパラチフスは1日1錠、クラビット500㎎を14日間内服を継続して治療します。
クラビットの内服を忘れた場合は1日1回の内服なので、気付いた時に内服するようにして下さい、次の内服時間に近い場合は、1回分スキップして次の分から1回分、処方通り内服するようにして下さい。
クラビットは1日1回内服すれば、体内で充分な効果を発揮してくれます。1日に2回以上内服しても、効果の出方は変わらず、耐性菌ができやすくなったり、副作用症状があらわれる可能性が高まるので用法用量をきちんと守って内服するようにして下さい。

5.クラビットの副作用

クラビットの副作用としてあらわれやすい症状は発疹や下痢、胃のムカつきなどですが、これらは自然に軽快することがほとんどです。他にも、日光に当たることで起こる皮膚の発赤や水膨れなどの症状があらわれる光線過敏症を発症する可能性があります。
重篤な副作用症状はあまりあらわれることはありませんが、まれにけいれんやアキレス腱障害、横紋筋融解症、低血糖、不整脈などの症状を引き起こすことがあります。
腎臓疾患のある方や高齢者の方は、体内でクラビットが分解され排泄されるまでの期間が長引いてしまい、副作用症状があらわれる可能性が高まるので注意が必要です。
クラビットの内服を開始して何か気になる症状があらわれた場合は、直ちに内服を中止して病院を受診するようにして下さい。

6.クラビットの使用禁忌

以前抗生物質を使用してアレルギー症状があらわれた方やアレルギー体質の方は使用前に医師に相談するようにして下さい。
てんかんやけいれん、重症筋無力症、心臓病を持病に持つ方は、病状を悪化させてしまう可能性があるので使用には十分注意が必要です。フロベンなどの鎮痛薬と一緒に内服するとけいれんを起こしやすくなります。
妊娠中・授乳中の女性、子どもに使用することは基本的にありません。また、腎臓疾患や高齢者の方は副作用症状があらわれる可能性が高いので用法用量、内服後の体調の変化には注意が必要です。
アルミニウムやマグネシウムなど金属類を含む胃腸薬と併用するとクラビットの吸収が悪くなることがあり、デルティバなどの抗結核薬と併用すると不整脈を起こしやすいと言われています。
内服中の薬がある方は事前に医師に申し出るようにして下さい。

7.クラビットのジェネリック薬

クラビットのジェネリック薬として販売している薬で代表的なものは、クラビット・ジェネリックです。クラビットと同じレボフロキサシンが有効成分に含まれているので、効果や用法はクラビットとほとんど同じです。

クラビット・ジェネリックは用量が250㎎・500㎎・750㎎の3種類あるので、症状に合わせて細かく用量を分けることができます。

また、クラビット・ジェネリックはジェネリック薬なので、半額以下と安い価格で手に入れることができるので、経済的な不安を心配せず安心して使用することができます。

コメントの入力は終了しました。